まじめなAVプロダクション社長のブログ

AV業界のことを、詳しく語るサイトです

第14回 AVに出たことが周りにバレたときに考えてほしいこと

このブログの記事で最もアクセスが多いのが第5回のブログです。タイトルはずばり「AVに出たことが周りにバレたら、どんなことが起きるか」でした。

で、今回はその続編を書いてみたいと思います

まず最初に、今回はAVに出てしまったことがバレてしまって、とても後悔している女性に対して書いてみようと思いました。このブログを読むことで少しでも心が軽くなってもらえたら僕にとって、それにまさる喜びはありません。

さて、バレないと思ってたけれど、どういうわけだかすぐにバレてしまうのがAVモデルという業界です。なぜそんなに簡単にバレるのかについては前回に書いた通りですが、バレてしまったらどうしたらよいのでしょうか。

まず、撮影は終わったけれど、まだ商品が世に出ていないというケースを考えてみます。つまり商品がまだ発売されていないケースです。この場合は商品の発売をメーカーに取りやめてもらうことができる可能性があります。とくにモデルさんが未成年であった場合はおそらく大丈夫でしょう。未成年は契約の取り消しという権利が与えられているので撮影をしてもその撮影契約自体を取り消すということが可能です。もちろん受け取ったお金は返さないといけませんが、それ以上の負担はする必要はないのです。また受け取ったお金を使ってしまっていたらそれはそれで構いません。例えばモデル代金として30万円を受け取ったとして、それを遊びで使ってしまっていたとしたらその30万円を返す必要はないのです。もしその契約取り消しのために30万円をかえさないといけないとしたらこの法律の意味がなくなります。未成年は法律では手厚く保護されているのです。ただこの手続きを自分でやるのはむつかしいと思いますので弁護士に相談するのがよいでしょう。

モデルさんが未成年ではない場合は、このような一方的な契約の取り消しはできません。しかし最近ではAV強要問題が社会的な関心を集めていますので、やっぱり気が変わった、などということでも交渉する余地はあると思います。というのも大抵のプロダクションは「バレないから安心して」などとウソを言ってモデルさんを口説きます。今はAVはバレないことのほうがめずらしいので、「バレるとわかっていたら出なかった」という理由でも十分なわけです。おそらく裁判になれば裁判官はモデルさんの主張を支持することでしょう。そういうことにメーカーは敏感ですから弁護士がでてきて面倒なことになったということになれば、その撮影画像をあえて商品にするようなことはしないと思います。その代わり受け取ったモデル代金は返還することになります。

さて、もし出演した作品がすでに世に出てしまって、すでに取り返しがつかない状態になった場合はどうすればよいのでしょうか。バレないと思って出たけどバレてしまったというときには精神的な動揺は相当なものになります。中には死んでしまいたいというほどに悩む人もいます。

①悩むのはやめましょう

悩んでも解決する問題ではないので悩むことはやめましょう。もう出演してしまったことは消せませんしどうしようもありません。悩むだけ損だと割り切るしかありません。好きなものをたくさん食べて気を紛らわしましょう。

②大したことではないと考えましょう

あのマドンナ(アメリカの歌手)さんもAVに出ました。でも歌手で立派に成功しました。成功どころではないですね。AVに出たからと言って人間としての価値は変わりません。本当に優れた人はAVに出たことで人を判断しませんのでご心配なく。

 AVに出たことなんて本当に大したことではありません。それを実感するにはモデルさんのサイン会に行ってみるとよくわかります。今は全国各地でAVモデルさんのサイン会が行われていますけど、ファンの人とモデルさんの交流を見ていると本当に普通なんです。全然普通なんですね。悩んでいる人はこういうサイン会に足を運んでみると僕の言っていることがわかると思います。

③男の心理

紅音ほたるさんというAVモデルさんがいました。彼女は絶大な人気をほこっていましたがその理由の一つは潮吹きがすごかったという点です。潮吹きは女性にとっては恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、世の男性にとってはそのシーンに感動した人が大勢いるということなんですね。その潮吹きを見て紅音ほたるさんのファンになってしまったという男性がたくさんいたということなんです。紅音ほたるさんはキャバクラなんかにも勤めたりしてましたけど物凄い人気だったようです。潮吹きで人気が出たといってもいいわけですけど、男からすると感じている女性ほど魅力的なわけです。だからAVにでているシーンはモデルさんにとっては恥ずかしいと思うでしょうけど、それが男性にとっては愛おしく思えるわけですから別にAVに出たことがバレたからと言ってそんなに悩むことではないと思います。

次回に続きます